« マスコミの助産師に対する評価は・・・ | トップページ | 薩摩隼人 »

2006年8月30日 (水)

清め塩

小児科の夏はたいてい暇です。わたしたちは夏枯れと言う言葉を使いますが、学校が夏休みに入ると感染症がどんどん減って病棟も外来もガラガラになってしまいます。冬の繁忙期と比較すると半分か三分の二くらいの仕事量になるのが普通です。順番に夏休みを取るにはこの夏枯れがないと困るんです。例年どおり小児科は暇なんですが、NICUは入院ラッシュが続きます。この時期に忙しいと暇な時がなくなっちゃうんですよ。この2〜3週間これでもかとどんどん入院が入ってます。田舎のNICUですから少し入り始めるとすぐ満床、満床を通り越しても地域に受入先はなくがんばるしかありません。
さすがにDrもナースもスタッフ一同くたくたです。落ち着いたら焼き肉行こう、バーベキューやろうなんて計画するものの実行できず。自分も外来と病棟で疲れてきました。上司が昨日から病院集約化のための会議とやらで不在のため、今日は午前外来、午後外来、5時からは地域の一次救急当番外来です。外来が空いてるので何とか合間に病棟業務をこなしてますが、人が足らないのは何とかならないものか。
ふと病棟の隅を見ると塩が・・・。スタッフも辛くなってるんだなあと思います。早く元気になろうね、赤ちゃんたち!

|

« マスコミの助産師に対する評価は・・・ | トップページ | 薩摩隼人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清め塩:

« マスコミの助産師に対する評価は・・・ | トップページ | 薩摩隼人 »