« 点滴してくれないと苦情 | トップページ | 多胎のリスク »

2006年9月21日 (木)

くすりの作用、副作用

今日は当直で病院ですが、ひどく体調が不良です。原因はただの風邪のようですが、具合悪い〜。
鼻水がだらだら出ては外来で仕事にならないので、総合感冒薬を内服しました。いつも多少副作用が出るんですが、なんか今回は強烈です。眠気がひどく体はふわふわした感じ、さらにひどいのは手の震えです。今夜の仕事に支障があっても困るので夕方の内服は控えますか。
副作用の事を言いましたが、作用もしっかりあります。鼻水はぴたっと止まっています。でも、この副作用どうにかならないものかと思いますね。
わたしの場合、くすりの作用、副作用ともやたらはっきり出る傾向があるようです。気管支拡張剤を飲むと手が震えて字を書くのも大変、抗ヒスタミン剤を飲んだら何時間でも寝てられます。結局はくすりが苦手であまりくすりは使わないようにしています。だた、鼻水がじょろじょろだと仕事にならないので仕方なく使ってるんですよね。
具合悪いので今日はこの辺で。

|

« 点滴してくれないと苦情 | トップページ | 多胎のリスク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くすりの作用、副作用:

« 点滴してくれないと苦情 | トップページ | 多胎のリスク »