« ぽちゃぽちゃ乳児の点滴は難しい | トップページ | へろへろの日曜当直 »

2006年9月 6日 (水)

秋篠宮家に宮様誕生 臍帯血を提供

日本史好きであるわたしは歴史の観点から、皇室の後嗣について無関心ではありませんでした。秋篠宮家に男児が誕生した事を心から祝福したいと思います。
この慶事の中で少し驚いたのは、秋篠宮ご夫妻が臍帯血提供を申し出られていたという事でした。
白血病などの患者に対する造血幹細胞移植は骨髄移植と臍帯血移植の二本立てになっています。骨髄移植は日本骨髄バンクに登録した提供者から型の合った骨髄が提供されますが、提供者は入院し麻酔をかけて骨髄を採取、提供することになります。臍帯血というのは赤ちゃんに繋がっているヘソの緒、胎盤の中にある血液の事です。通常のお産では臍帯血ごと胎盤は医療廃棄物として捨てられてしまいます。この捨てられてしまう臍帯血をお産の時に採取し処理し保管しておいて、適合する患者さんがいれば移植のために提供されるのです。現在のところ一部の病院においてのお産でのみ臍帯血提供ができるようになっています。(このブログから日本臍帯血ネットワークにリンクが貼ってあります、興味のある方はそちらへどうぞ)
うちの二番目の子が生まれる時に臍帯血を提供する予定でしたが、あいにく週末のお産だったため採取後の処理ができないとの理由で捨てなければいけませんでした。
秋篠宮ご夫妻の行動は社会的に大きな関心を呼び、大きな影響があるものと思います。広く臍帯血ネットワークの事を理解してもらう絶好の機会になるでしょう。日本骨髄バンク、日本臍帯血ネットワークにとってはまたとない追い風になりますね。秋篠宮ご夫妻の行動に感謝の気持ちでいっぱいです。

|

« ぽちゃぽちゃ乳児の点滴は難しい | トップページ | へろへろの日曜当直 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋篠宮家に宮様誕生 臍帯血を提供:

« ぽちゃぽちゃ乳児の点滴は難しい | トップページ | へろへろの日曜当直 »