« 小・中学生の医療費都が助成 | トップページ | 親の権利とは2 »

2006年10月23日 (月)

親の権利とは

朝日新聞の記事です
『脳に病気の乳児、親権停止し手術 両親、宗教理由に拒否』

 生まれつき脳に病気を持つ乳児の手術を宗教上の理由で拒否した両親に対し、大阪府内の児童相談所が昨年2月、「親権の乱用にあたる」として親権停止の保全処分を大阪家裁に請求し、6日後に認められていたことが分かった。医師が一時的に親権代行者となって手術を実施。乳児は現在、親権を回復した両親に育てられている。親権停止決定には通常数カ月かかることが多く、短期間での決定は異例という。

 乳児は昨年、関西地方の病院で生まれた。脳に異常が見つかり、医師が手術を勧めたが、両親は「神様にお借りした体にメスを入れることはできない」と拒否。乳児を自宅に連れ帰ろうとしたため、病院側が児童相談所に「ネグレクト(育児放棄)に当たる」と通告した。

 児童相談所は「手術をしなければ生命に危険が生じたり、重い障害が残ったりする可能性がある」と判断。親権停止の保全処分を大阪家裁に求めたところ、同家裁は緊急性を認めて6日後に処分決定した。手術後の3月下旬に児童相談所が請求を取り下げ、両親の親権が回復したという。

以上

この記事からは詳細不明ですが、自分も同じようなケースを経験しました。妊娠中に脳の異常に気付かれ検査で水頭症と判明、説明したところ治療は希望せずとなりました。分娩までの間、小児科、産婦人科、脳神経外科から何度も説明を重ね、最後は治療を希望する母親が反対の父親を押し切る形で手術することができました。手術をすれば命は救うことができます。しかし、知的にあるいは運動に後遺症を残す可能性もありました。

水頭症だけに限らず、先天性の心臓病やその他の先天奇形、時には超早産児でも治療希望なしとなるケースがあります。個々の例で事情は異なりますが、ほぼ間違いなく救うことができるのにかかわらず親が間違った選択をすることも実際に起こります。自分の患者ではありませんが、ファロー四徴症という先天性心臓病の手術を拒否され困っているDrから話を聞いたことがあります。

今後、親が明らかに間違った選択をし治療の承諾書に署名しない場合、親権剥奪が可能である前例ができたことになります。健康であると信じて疑わなかった赤ちゃんが重大な病気を持って産まれてきた場合、親の混乱はとてつもなく大きいものです。間違った選択をすることもあり得ないことではないでしょう。治療が急がれる際にこのような対処法ができたことはよいことと思います。

ただ、今回のケースのように赤ちゃんが両親のもとに帰れなくては困りますね。完全に親子が離ればなれになってしまったら、こんな不幸なことはありません。

|

« 小・中学生の医療費都が助成 | トップページ | 親の権利とは2 »

コメント

この件に関しては私は異論があります。

どこまでが助けるべき疾患か判断は誰がするのでしょうか。この子に重度の染色体異常があったらどうでしょうか。それを医療者が判断して良いのでしょうか。その子の一生を背負うのは医療者ではなく両親です。

もう一つ問題があります。このケースでは医師が親代わりになると申請したとのことでしたが、それがすべてのケースで適応されるべきなのかということです。本当の親が子供の受け入れを拒否した場合、医師はその子を一生面倒みるか施設に預けるかを選択しなくてはならなくなります。疾患の程度によっては医療機関にかかるか在宅医療を施さなくては生きていけないケースもあるでしょう。それをすべて施設にというわけにいかなくなることもあるでしょう。その時その医師はその子に対し責任を負えますか?

確かに手術をすれば普通の子供と同じように生きていける疾患に関しては十分に説得する必要があると思います。それでも数パーセントのリスクも含め、責任を負うのは親であると私は思います。

投稿: クーデルムーデル | 2006年10月24日 (火) 09時52分

>クーデルムーデルさん
わたしの考えを新しい記事としました。うまく考えを伝え切れてないかもしれません。クーデルムーデルさんのように論理的なうまい文章を書く能力がないとちょっと落ち込みました。
あと一つ、わたしはこの報道を見て美談というふうにはまったく感じませんでした。一般の読者はそう感じているのでしょうか?

投稿: 管理人 | 2006年10月25日 (水) 19時54分

医療に話から離れてしまって申し訳ないのですが、この話で感じたのは、宗教の怖さです。(宗教の怖さは今ら改めてコメントするまでもない周知の事実なのかも知れませんが・・・)宗教は戦争や革命を起こすぐらい大きな力を持っていますから、医療の現場でも時々問題となることもあると思います。
私も子供が病気になったことで幾つかの宗教に勧誘されました。特に入院治療中の一番苦しい時等は判断を誤りやすいように思います。
私は基本的に宗教は、生きていくための心のよりどころだと思っています。人は生きていく上で様々な苦しみに遭遇します。その苦しみを乗り越えるための心のよりどころであると考えています。
とは言っても私は基本的に無信教者なので、年初めには神社に初詣に行って、春と秋には地域の神社のお祭りに住民として参加し、お盆はお寺に行って墓参りをし、12月にはクリスマスで何がめでたいのかよく分からないのですがとにかくケーキを買ってお祝いをし、大晦日にはお寺に除夜の鐘を突きに行き、翌日には最初に戻る・・・。と忙しい一年を送っています。忙しいですね。日本人くらいかもしれません。こんなに忙しいのは。
こんなに宗教に対して信仰心が薄いような日本でも宗教は怖いと思います。
宗教によっては輸血や移植を否定する教えを持っているところもあります。
その宗教を信仰することで救われてきた人が、病気や怪我をして輸血が必要となったとき、その人が信仰する宗教が輸血を否定していたら治療を拒否するかもしれません。
また治療を必要とするのが子供の場合、親を説得させるのは、親の信仰心が深ければ深いほど困難かもしれません。子供をとるのか宗教をとるのか、というだけの問題ではなく、もっと複雑で難しい問題だと思います。
宗教については色々思うところがあるのですがなかなかうまく表現ができなくて、解りにくくなっしまっていますね。すみません。

投稿: みきママ | 2006年10月31日 (火) 00時05分

>みきママさん
わたしは宗教すべてを否定するわけはありませんが、誰かが病気と聞くと勧誘に来るのはどうも弱みに付け込むようで許せません。自分が入院中も母のところにはいろいろ宗教の勧誘があったそうです。母はたくさん寄付したらご利益がたくさんなんて馬鹿馬鹿しいと言ってました。自分の患者さんでも宗教にのめり込む親は時々いますね。心のバランスを保つために有用なのであれば否定はしませんが・・・。
自分の体の事を自分で責任を持って決めるのであれば治療拒否でも問題は少ないでしょうが、親権とは難しいものです。親の権利はどこまでか・・・。

投稿: 管理人 | 2006年10月31日 (火) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親の権利とは:

« 小・中学生の医療費都が助成 | トップページ | 親の権利とは2 »