« 14日NHK「日本のこれから」 | トップページ | 小・中学生の医療費都が助成 »

2006年10月18日 (水)

産科医療の崩壊

たいへんな事が起きてしまいました。奈良県の町立大淀病院で母体がお産の進行中に脳出血となりおよそ一週間後に搬送先の国立循環器病センターで死亡しました。意識障害のある妊婦の緊急搬送を受け入れる施設を見つけるために2時間以上の時間を費やしたと報道されています。
産まれてきた子どもの顔を見ることもなく逝ってしまったお母さんは無念であったと思いますし、これから生きていくご家族もつらいでしょうね。心からご冥福をお祈りします。

報道によると、担当の産科医ばかりでなく、搬送を満床などを理由に断った病院についても刑事責任追及を検討するとされています。脳出血が脳のどこの場所のどんな程度のものだったのか報道されていませんから、産科医に母体死亡の責任があるのかどうかわたしには知る余地もありません。ただ、脳出血が死に至る可能性の高い病気であるのは間違いないですね。
今回の事で、満床を理由に搬送を断った病院の刑事責任追及を検討するとあったのには驚きを感じています。実際に起訴される事はないと思いますが、民事では市立川崎病院がけいれんの児を処置中であることを理由に窒息の児搬送を断った件で訴訟となり最近和解した事が報じられていました。
断った病院に非はあるのでしょうか?満床なのに患者を受ける事は大きな災害やテロでもない状態ではありえないでしょう。満床以上に入院患者を受け入れる事は法的に処罰の対象ですから。満床でない場合はどうか?今回の件を結果から判断すれば、周産期の専門医がいてNICUなどの設備がある周産期センターであり、かつ脳神経外科医がいてICUのある病院でなければ万全の医療を提供する事はできなかったでしょう。この条件で多くの病院が搬送先候補から脱落する事になります。逆に、この条件を満たしていて空床もあったなら絶対に受け入れる義務があるのでしょうか?例えば産科医、あるいは小児科医、脳外科医がマンパワー不足によって受け入れ不可と判断してはいけないのか?また産科医が子癇発作の経験が自分にはなく、能力的に自分では無理などと判断してはいけないのでしょうか?複数の重症患者を抱えている場合、空床があっても患者受け入れを断る事はあります。すでに今いる重症の患者への目配りが十分にできずに事故が起これば訴訟、逮捕を覚悟しなければなりません。

防衛医療と言う言葉が最近医師の間で使われます。医師が自分の身を守ることを第一に考える医療とでも言うのでしょうか。決して好きな言葉ではありませんが、若いDrへの指導の中で話す事があります。検査をたくさんしてくすりも強力なのを使って欲しいと望む患者は多くいます。医師は保険医として無駄な医療をしない義務があり、検査やくすりにはデメリットもありますから、熱血な若いDrは不要な事はしないと患者に説明します。しかし、診断がつねに100%というのはあり得ず、もし患者の希望を入れなかった事で見逃しが起これば事故となってしまいます。無駄な医療費を使い、放射線被爆などの検査によるデメリットも考えず、患者の言うがままの医療をしている方が安全。この考えは正しいと思いますか?若いDrは正しい事にこだわりますが、自分の身を守る事も考えておけと指導しなければいけないのは嫌な気持ちです。

地方の産科医療はこれまで一人一人の産科医によるぎりぎりの努力で支えられてきたのが、今年の福島大野病院の産科医逮捕によっていっきに崩れ去ろうとしています。地方の産科撤退に今回の事が拍車をかけるのは間違いないでしょう。さらに今回の件は産科医療のみならず、すでに崩壊の始まっている地方の救急医療をも完全に崩壊させる危険を孕んでいると思います。救急車を受け入れてみると自分の手に負えない、搬送先が見つからない・・・その先は想像になってしまいますが・・・。

もはや今の状態は医師や地方自治体それぞれの努力では解決不能のところに来ています。昨今の医療不信、訴訟の増加によって、医師のボランティア、善意で支えられてきた救急医療、地域医療は崩壊し、国のこれまでの無策が露呈してしまいました。マスメディアには事故の悲惨さを感情的に報道して終わりにするのではなく、今回のような痛ましい事故は起こるべくして起こった事であり、その原因は何なのか、対策はどうすればいいのか?未来に向けた建設的な報道をお願いしたいと思います。

|

« 14日NHK「日本のこれから」 | トップページ | 小・中学生の医療費都が助成 »

コメント

こんばんは
先生の記事を、拙ブログにてリンクとして御紹介させていただきました。
http://d.hatena.ne.jp/physician/20061018#p1">physician先生のブログでは、コトの真相が書かれているようです。m3経由のようで信頼おけそうです。

報道には、節度をもった姿勢を示してほしいと感じます。今後ともよろしくお願いいたします。

追伸
HNを「いなか小児科医」に変更させていただきました。

投稿: いなか小児科医 | 2006年10月18日 (水) 23時58分

はじめまして。
いつも楽しく拝見させて頂いてます。

受け入れ出来るのに断った病院が無い事を祈ってます。
今ではどこも医師不足で重症患者は受け入れ困難でしょう。
当事者しか解り難い問題ですが、重症患者・救急患者はどこの地域も受け入れ先が無くて困ってるんですよね。

しかし、地域の基幹病院は何が何でも受け入れして欲しいですね。

どうしたら、良く出来るか、それが知りたいですね。

投稿: ドロロンえん魔くん | 2006年10月19日 (木) 12時46分

医師の技量や余力、ベッド数の制約で、
救急車を受け入れられなければ訴えられ、
受け入れて結果が駄目なら訴えられる、
医師は本当にはざまに挟まれて大変ですね。

医師にも限界はあり、医師数抑制や医療費抑制の政策をとっている以上、
病院に全ての期待や責任を押しつけるのは酷だと思います。
 
かといって、私が患者サイドであれば、病院や医師に期待をし、
責任を追及したい気持ちが芽生えるのも仕方ないかもしれません。

あまり建設的なことを書けなくて申し訳ないのですが・・・
「医療費抑制・マンパワーセーブ vs 医療費上限解除・マンパワー充実」
のどちらの施策を選ぶべきなのか、私たち国民がきちんと考えるべき時なのでしょう。いずれにしても、現状の政策や訴訟状況では、医療に過度に求めることはできないと、国民皆が痛感するのが第一歩なのかもしれません。今回の事件が、その事実に向き合う良いきっかけになることを望みます。

投稿: しろくま | 2006年10月19日 (木) 15時43分

>いなか小児科医さん
出所のはっきりしないものを信用するのはどうでしょう?
それでは乏しい情報を元に言いたい放題のマスコミと同レベルになってしまいます。

> ドロロンえん魔くんさん
あれ?はじめましてじゃないですよね。
今回は県立医大が受け入れなかったのが大きいと思います。産科病棟だけではなく、救急部やICUなんかを利用できる体制がなかったんでしょうか・・・。

>しろくまさん
緊急だからといって必要な設備、マンパワーなしに患者を受け入れて結果が悪ければ逮捕なんてことになりかねない現状は、医師にとって非常に厳しいものと思います。
ただ、受け入れ先確保にこれだけの時間を要した事は、家族にとってとても受け入れられる事でないのは当たり前の事ですね。
最大限忙しい時のための病床、マンパワーを常に準備しておく事のためには、大変なお金を必要とします。今回の件をみなが容認できないのであれば、莫大なお金を救急医療のためにつぎ込む事も認めなくてはなりません。医療費の無駄を削ってこれ以上お金を負担したくないなんて意見は通りません。
マスコミにはもっともっと発展した記事を書いてもらい、今回の痛ましい事件が国を動かすきっかけになってくれたらと願います。

投稿: 管理人 | 2006年10月19日 (木) 19時40分

はじめまして。
循環器内科医のDr. Iと申します。

ホントに大変な事になってしまいましたね。
訴訟にならないように、無理しないで専門外の患者は、できるだけ送る。
専門以外はなるべく診ない。
というような風潮にあったんですが。
診ないというだけで、訴えられそうですね、かわいそうに。
専門的に診る能力がない、というのは理由にならないんですかね。
医者辞めるしか方法がないんでしょうかね、残念です。

きっとますます、お産のできる所も少なくなるでしょうね。

TBさせて頂きますね。
今後ともよろしくお願い致します。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: Dr. I | 2006年10月20日 (金) 21時19分

地域医療の問題について感じるのは、多くの住民が地域医療について無関心であるということです。自分の住む町の医療体制がどうなっているのかあまりよく知らない人が多いように感じます。行政の危機感も薄いように思います。もっと住民が自分たちの住む町の医療体制について感心を持ち、考えていかなくてはならないと思います。地域医療の在り方については、小児医療の集約化や、予防医療を中心とした総合的医療など色々な取り組がなされています。自分たちの住む地域にあった医療体制はどのようなものなのか住民ももっと真剣に考えないといけないと思います。
かく言う私も娘が病気になるまでは医療に対してあまり関心がありませんでした。だから人のことは言えないのですが、娘の病気をきっかけに医療に関心を持つことができた私たちが他の関心を持っていない人たちにもっと関心を持ってもらえるよう呼びかけていかなくてはいけないと思っています。
蛇足ですが、私も第2子の出産を11月の初めに控えているので、今回の事故にはとてもショックを受けました。

投稿: みきママ | 2006年10月21日 (土) 01時45分

>循環器内科医のDr. Iさん、はじめまして。
m3でブログ書いている先生ですよね、よろしくお願いします。いつも訪問させてもらってます。
福島大野病院産科医逮捕の件で患者にどんなに緊急性があったとしても、一か八か実行して結果が悪ければ逮捕と言う事をわたしたちは学ばされたばかりです。緊急性が高いから必要な体制、マンパワーがなくても診療の義務があるというのでは、背中にナイフを突き付けられて前にいる敵に向かわされるようなものです。

>みきママさん、こんにちは。
医療側と住民はもっともっとお互いを理解するためには、お互いをよく知る事からですね。よりよい医療を受けたいと望んで行政に要望したり、署名をあつめたり、そんなことでは何も変わりません。よい医療を受けたければお金の負担も必要ですし、少ない勤務医の負担を減らすために救急病院をコンビニ化しないように住民も考える必要があります。
今回の事件は本当にショックでした。産まれた時からお母さんがいない赤ちゃんの将来を思うと・・・。
お産が安全なものではない事をもっと知ってもらいたいですね。子癇、母体の脳出血、羊水塞栓、子宮破裂、弛緩出血など命の危険のある分娩合併症は多くあります。分娩後そのまま集中治療室に運ばれたお母さんを何度も目にしています。母体を救う体制をきっちり作ってこなかった事の責任の一端は医療者にありますが、医療者だけの問題ではありません。
マスコミにはもっとやって欲しい仕事があるんですが・・・。

投稿: 管理人 | 2006年10月21日 (土) 11時06分

10リットルまでの水しか入らないバケツには、11リットルの水は入りきれません。

1リットルの水がこぼれてしまった事で、周囲の人間が「なんだこのクソバケツ!」と足蹴にしたら、
バケツが凹んで、10リットル入れられたはずの物が、9リットルまでしか入らなくなりました。

…っていうのが、今の日本の医療崩壊(ていうか、医療に無理解な人間による医療破壊)の現状。

教訓とかそういう以前の問題。

…。
……。
………。

…命を救うバケツ…使い物にならなくなるまで足蹴にされるのでしょうか…?

投稿: 都筑てんが | 2009年7月 3日 (金) 06時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 産科医療の崩壊:

» 破綻2 [いなか小児科医]
2006年10月18日 晴れ 昨日に引き続き、子癇発作+脳内出血で約20病院から [続きを読む]

受信: 2006年10月18日 (水) 23時59分

» 奈良産科転送事件 3 [道標 Guideboard]
キーワード 奈良県、大淀病院、産科、産婦人科、子癇、転送、搬送、放置、脳内出血、 [続きを読む]

受信: 2006年10月19日 (木) 18時19分

» 大淀病院事件 (続) [売れない経営コンサルタントのブログ]
大淀病院事件について、またまたエントリーを。 1) 医師個人の問題か?システムの [続きを読む]

受信: 2006年10月21日 (土) 13時05分

« 14日NHK「日本のこれから」 | トップページ | 小・中学生の医療費都が助成 »