« 今年もあと一週間 | トップページ | 首都圏もお産はピンチ »

2006年12月29日 (金)

仕事納め

病院はきのうが仕事納めでした。個人的には明日24時間の当直をして、年内は勤務です。正月三日間はお休みの予定ですが、今回はどうかな? 昨年は家族は温泉へ、自分は仕事で置いてけぼりでした。

きのうが通常診療の最終日でしたが、驚くほど外来は混雑なし。来院数はいつもの木曜日と同じかむしろ少なめなくらいでした。ノロウイルスと思われる胃腸炎はピークを越えて、溶連菌、アデノはぱらぱら、インフルエンザは今の所ゼロ、RSウイルスのゼーゼーが先週あたりから増えてきてちょっと嫌な感じといった流行状況です。NICU、小児病棟ともにまあまあの落ち着き具合です。今年の正月はゆっくりできそうかな。

病院勤務の場合、連休が長ければ長いほど大変になります。今年は6連休なのでいい方でしょう。入院や救急の仕事がある病院で働いていると、連休がそのまま休みというのはあり得ません。開業医や病院の幹部のDrを休ませるために、中堅以下のDrががんばらされる格好です。もちろん年末年始勤務の分の代休なんてないですしね。若い頃は日雇いでしたから病院の外来が休みの日は無報酬、病棟回診はだれがやる? おかげでゴールデンウイークのある5月や12月、1月は給料が安い・・・。ある市立病院勤務の時、前月分の給与が翌月支給されていました。ボーナスはなし。なぜか年末に一時金が支給され、これで年を越せってこと? 1月分の給与から差し引かれてました。

言いたかったのは、現状の日本の救急医療体制は国が整備したものではなく、主に若いDrのボランティアで成り立っていると言う事です。壊れるのは簡単かもしれません。

|

« 今年もあと一週間 | トップページ | 首都圏もお産はピンチ »

コメント

はじめまして、MELIT(患者のための医療情報リテラシー)という、さまざまな患者さんと医療者の方々の情報共有サイトのお世話係り(サイト案内人)をさせていただいています優子と申します。

MELITのブログでご執筆いただいている中には、息子さんが免疫不全で、悪性リンパ腫にもかかられたアライグマさんもいらっしゃいます。
患者さん、医療者のみなさんから、どちらの立場の大変さも、色々とお聞きする機会があります。

ですので管理人様のお話も他人事ではなく、記事にトラックバックさせていただきました。日本の医療がより良いものになりますよう、MELITのみんなでいつも祈っております。

投稿: 石田優子 | 2007年1月 1日 (月) 15時40分

はじめまして、よろしくお願いします。

今年は日本の医療がより良いものになるような兆しが見られる年になるといいですね。

とにかく医師、患者みんなでよりよい医療のために知恵を出し、考えるていくことが必要と思います。お互いを思いやる気持ちを忘れずに。

投稿: 管理人 | 2007年1月 4日 (木) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事納め:

» 新しい年によせて [サイト案内人より]
あけましておめでとうございます。 昨晩、除夜の鐘が鳴る頃、今入院されている患者さ... [続きを読む]

受信: 2007年1月 1日 (月) 12時20分

« 今年もあと一週間 | トップページ | 首都圏もお産はピンチ »