« プレドニン(闘病記8) | トップページ | 姫路での悪性リンパ腫患児死亡の民事裁判について »

2007年1月22日 (月)

捏造番組

フジテレビのバラエティ番組での捏造事件が話題になってますね。昨晩、偶然チャンネルを回していたら、お詫び放送のあとのスタメンをやってて少しですが捏造の事が取り上げられていました。コメンテーターの宮崎哲弥氏が厳しい発言をして、司会者の阿川さんですか?こういう事はどの局もやってるみたいなニュアンスの発言をしてました。
「あるある・・・」のダイエット特集はわたしも見て、実践した事があります(笑)。個人的にはダイエット商品を紹介するテレビショッピングと同レベルのものと認識していました。ちなみにうちにはテレビショッピングで買ったダイエット器具が複数存在します(笑)。

捏造を本日の話題としたのは、今回の捏造番組を作った下請けの番組制作会社が過去にも同様の捏造番組事件を起こしているらしい事、そして昨年多くのDrの怒りを買ったフジテレビ「カスペ! 『今、日本がおかしい! 現役ドクター大告発!』」という(バラエティ?)番組の制作にも同じ会社が名を連ねていたらしいことを知ったからです。

放送法という法律に以下の規定が存在します。
第三条の二  放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

最近の医療報道を見ていて突っ込みたいところもありますが、バラエティについての規定はないんですね。

過去に捏造事件を起こしている会社が存続し、またさらにこの事件。下請けに出しているキー局にも責任がないはずありません。放送局のモラルは少なくとも不二家に文句言えるレベルではないようです。今回も下請けのやったこと、さらに下請けの会社は孫請けのやったこと、って言い訳してみんなが忘れちゃうのを待つんでしょうね。

勘繰ってしまうのは「カスペ・・・」にも捏造があったのでは?と言う事。医療不信を煽る内容だったらしいこの番組が与えた影響は、今回の納豆騒動と比較してどう評価されるでしょうか。放送業界はこの捏造問題をどこまで突っ込むんでしょう。突っ込む資格のあるテレビ局は存在しないんでしょうか。

|

« プレドニン(闘病記8) | トップページ | 姫路での悪性リンパ腫患児死亡の民事裁判について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 捏造番組:

» [あるある問題]<関テレ報告書>「納豆」以外の8本言及 「みそ汁」認める [総合情報ニュース徒然草]
 「あるある大辞典2」捏造問題で関西テレビより報告書が提出されたが、総務省より内容不十分との指摘を受けたという今日の記事より。 (引用記事は、下部に掲載)  「あるある大辞典2」捏造問題については、まさに「あるある」といった状態で、次から次にいろいろな問題が出てくるが、これだけ数が出てくるということは、捏造が慢性化していたということであり、もはや正確な捏造箇所などは番組製作会社でも詳細の把握が不可能になってきているのではないかと思う。  そうは言え、問題に終止符を打つには、一...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 18時05分

« プレドニン(闘病記8) | トップページ | 姫路での悪性リンパ腫患児死亡の民事裁判について »