« アカデミー賞 | トップページ | 40歳の誕生日 »

2007年2月24日 (土)

小児科医の過労死

以下は2月23日北海道新聞からの引用です。

『小児科医死亡は過労死 時間外、月100時間超 道労働局認定』

道北の公立病院などに勤務していた小児科医の男性=当時(31)=が突然死したのは、月百時間を超す時間外労働による過労死だとして、遺族が旭川労働基準監督署に労災を申請していた問題で、北海道労働局は二十二日までに、労災と認定し、遺族補償年金の支給を決めた。医師の過労死認定は全国的にも極めて珍しい。医師不足の原因の一つとされる勤務医の過酷な労働実態の見直しを求める声が、さらに強まりそうだ。

 男性医師は二○○二年四月から○三年七月まで臨時職員として、○三年八月から正職員として、公立病院に勤務。同年十月に富良野市の民間病院に移ったが、六日目に自宅で突然死した。

 遺族や関係者によると、男性は公立病院で、一市三町(当時)の小児救急を他の医師二人と共に支えていた。午前九時から午後五時の通常勤務に加え、泊まり込みの当直が月三−四回あった。さらに救急患者のために待機する当番が月二十−二十五日あり、多い日で一晩に五回呼び出されたという。月の時間外勤務は平均百時間を超え、休みは月に一、二日だった。

 小児科の救急外来には毎晩平均五人の患者があり、男性の当時の上司は「患者数に比べ医師が足りなかった」と打ち明ける。

 また、富良野の病院ではわずか五日間で三十二時間の時間外労働をしていた。突然死する前日の夜も呼び出しの電話で飛び起き、病院に向かったという。

 遺族は「『僕が死んだら働きすぎだから』ってよく冗談で言っていました」と振り返る。

 国は業務と疾患の因果関係を認める基準として「発症前二−六カ月間、月八十時間を超える時間外労働」を挙げているが、医師の死亡前一年間の時間外労働は毎月百時間を超えていた。

 労働局労災補償課は「労災保険の対象外の公立病院正職員だった二カ月を除く期間で、過重負荷の労働があったと判断した」と説明している。

 申請を担当した高崎暢(とおる)弁護士(札幌)は「あまりに過酷な勤務であり、(職場管理者が)事前にやめさせるべきだった。労災認定は当然」と指摘。医師が勤務して「た公立病院長は「今は取材に応じられない」と話している。

以上、引用終わり。

同じ北海道の小児科医のことです。面識はありませんが、大切な仲間を失った気持ちです。ご家族には心からお悔やみ申し上げます。

わたしはたまたま巡り合わせで、少人数の小さな小児科で勤務した経験がありません。これまでもっとも月の当番が多い時でも15日程度でした。これでも十分異常なことですけど。しかしながら、20〜25日の呼び出し当番なんて当たり前との声も地方の医師から聞こえそうです。地方勤務の医師にとってこの位の勤務状況は特別でないほど過酷なものです。
弁護士のコメントは「あまりに過酷な勤務であり、(職場管理者が)事前にやめさせるべきだった。労災認定は当然」とのことですが。さてどうすればよかったんでしょうね。

第66回労働政策審議会労働条件分科会で使用者側委員の奥谷禮子氏が有期労働契約や管理監督者の扱いの議論の中で、過労死の問題について「自己管理の問題。他人の責任にするのは問題」「労働組合が労働者を甘やかしている」と発言しています。安倍政権の労働政策を決める立場にある委員の考えとしては恐ろしくなりますね。八代氏といい柳沢氏といい、安倍総理の人を見る目は失格としかわたしには思えません。

道北の公立病院小児科医は呼び出しがあっても、疲れているからとの理由で診療を断ることが可能だったんでしょうか。職場管理者が事前にやめさせるべきだった、との点は3人小児科医がいて(どんな年齢構成かは?)このDrのオンコールが月20〜25日だったことから考えて責任がないとは言えないかもしれませんが。でも、3日に1回のオンコールとしても、その度に5回も呼び出されたら中年以降のDrなら過労死しそうです。

いずれにしても、多くの地方公立病院の勤務医は過労死したDrとほとんど変わらないような過酷な勤務を強いられています。この現状から逃れるには地方から立ち去るしかありません。病院管理者にどうにかできるとすれば、時間外診療中止を宣言することでしょうが不可能に近い話です。「Drコトーはいる」と見出しを書いた道新に責められてしまうでしょう。

国の政策として、地域医療の中でもっとも重要な位置にいる地域の基幹病院、地方の公立病院で勤務している医師に対する待遇を改善することが急務と考えます。過労死したDrが勤務していた病院で、週休2日、認められる範囲での時間外労働での勤務を義務づければ恐らく倍のDrを必要としたでしょう。国やマスコミが言うように、医師の都会あるいは過重労働の少ない診療科への偏在だけで医師不足を説明できるのでしょうか?やはり医師の総数を増やすこと、コンビニ化した時間外診療を必要な患者に制限することなど多方面に渡る手当てが必要な緊急事態ではないでしょうか。

わたし自身も過労死を意識するほど酷い状況になったこともあります。重症患者に対する治療での過労死なら、板橋の警官が殉死した痛ましい件のように家族も理不尽なものとは考えないかもしれません。しかし、さほど受診の必要がないコンビニ化した時間外診療のために仲間や家族が過労死したなら、これはとても許せるものではありません。

|

« アカデミー賞 | トップページ | 40歳の誕生日 »

コメント

小児科医で、当番が月20-25回ですから。
相当過酷な勤務だったのだと思います。
ご愁傷様です。

止めさせるべきだ、と言葉で言う事は簡単ですが。
じゃあ、どうしたら良いのか、って代替案がなければ、意味がないですけどね。
安倍総理は見る目がないってのは、同感ですね。

TBも失礼します。

投稿: Dr. I | 2007年2月24日 (土) 19時53分

こんばんは
トラックバックおよびコメントありがとうございました。

このような過労死を防ぐためには、環境の整備が必要なことは明白です。
先生の言われる通り...
>やはり医師の総数を増やすこと、コンビニ化した時間外診療を必要な患者に制限することなど多方面に渡る手当てが必要な緊急事態ではないでしょうか。

こういった方策が必要と感じます。

>奥谷禮子氏が有期労働契約や管理監督者の扱いの議論の中で、過労死の問題について「自己管理の問題。他人の責任にするのは問題」「労働組合が労働者を甘やかしている」と発言しています。

労働というものを経験したことがないのでしょうね...この方は。自己管理ができる状態であれば、過労死は発生しない。仮にも国政に関与するほどの方であれば、もっと、事象の裏側を見つめる目を持ってほしいと思います。許しがたい発言です。

こちらからもトラックバックさせていただきました。

投稿: いなか小児科医 | 2007年2月25日 (日) 00時33分

以前いた病院で、1週間毎日深夜の緊急心カテをしたことがありました。さすがにそのときは「過労死」が脳裏を掠めましたね。

そういった病院に勤めていると、たとえ呼ばれない日があったとしても、「いつ呼び出されるか分からない」といった不安感に常に苛(さいな)まれ、少しの睡眠時間の間でも、心と体は全く休んでいないんですよね。実際に救急呼び出しの際、電話がなる直前に目が覚めましたから(笑)。


医師増員についてですが、無理だと思います。今の情勢(医師数・患者側の要望レベル)ですと、穴の開いたバケツに水を入れる状況です。恐らく現状の医師数を最低でも2-3倍にしないと効果はありません。

現状医学部定員が7000人ですが、20-30万人医師を増やすにしても、毎年入学定員を5万人(現在の入学定員の7倍!)にするとしても6年かかる計算です。また、今から入学定員を増やしてもその効果が発揮されるには10年かかります。


やはり、これからは国民に「我慢」してもらう時期じゃないでしょうか。医療の質・量ともに。特に夜間。
「すみませんが、時間外診療は出来ません。もしどうしてもご希望なら、10万円を別途申し受けます」
なんていってね。そして、その10万円をそのまま医師に手渡せば、恐らく医師も文句は無いでしょう。また、その金額なら、夜間の受診を大幅に減らすことが可能ですし。

結局、問題になっているのは夜間診療なんですよね。時間内にすべて終われば全く問題ないはずです。

投稿: 暇人28号 | 2007年2月25日 (日) 08時15分

 地方で24時間、365日同じ態勢をキープできると思う方が間違っています。それでも困った人が病院に現れれば何とかしようと思ってしまうのが医者ですよね。それを当たり前だと言われ、うまくいかないことがあれば訴えられれば誰もそんなの診たくなくなりますよね。やはり国民に我慢を強いるべきなのではないでしょうか。地方は不便だからこそ地方であり得るのだということだと思います。

 反対に都会は小さな組織で事を構えすぎます。地区ごとに一次救急の輪番を決め、そこ以外は行けないシステムを構築し、二次救急、三次救急も受け入れを拒まないとすればおそらく救急システムは成り立ちます。できれば一次救急は固定された場所である方がよいでしょう。これには遠くに行かなくてはならない市民に面倒を負担してもらい、開業医に担当の時間分の自前のもうけを減らしてもらい、勤務医に重症患者へ早く的確に対処してもらうという負担を強いる必要があります。このシステムの中にいる私は、随分人間らしさを取り戻せました。

投稿: クーデルムーデル | 2007年2月26日 (月) 22時40分

まとめてのレスですいません。
Dr.Iさん、いなか小児科医さん、暇人28号さん、クーデルムーデルさん、コメントありがとうございます。

北海道の道央圏以外の地域はあまりに人口密度が少なすぎです。当地は30数万人が端から端まで200km近くはある広大な地域に住んでいます。中央に救急病院を置いても救急車で1時間半かかる地域がでてきます。拠点が一つでは犠牲がたくさん出るでしょう。完全な集約化ができなければ、フリーアクセスの一次救急も無理。地元紙では住む地域によって命の重みに差があるのか?と書かれていますが、じゃあどうしろと・・・。
患者はこんな地方でも、フリーアクセスでしかも専門医に見てもらえ、医療をそこで完結できる体制を要求してきます。今の危機を脱するには市民の意識改革が絶対条件ですが、崩壊する前にそれを成すのは不可能かもしれません。

投稿: 管理人 | 2007年3月 2日 (金) 19時41分

はじめまして。小児ガンの検索をしていたところ、このページに当たりました。現在、私は一児の母です。昨年8月、会社を辞めて小児科医を目指して受験勉強を始め、先日受験し”不合格”確定しました。
小児科医不足はここ(浜松市)でも問題ですが、それよりも隣の小さな市(湖西市、磐田市)があいついで、産科、小児科をやめてしまいました。やはり過酷な労働条件が医師には辛いところだったと思います。
私が小児科医になりたいと、周囲の友達(医師)に言ったところ、顔が曇ったのを今でも覚えています。どうして、こんなになってしまったんでしょうね。
研修医の研修制度が変わったからとか聞いたことがありますが、さらに病院を株式会社にしようとかいう話も聞いたことがあるので、現状を考えるととても恐ろしいことだと思います。
明日、医学部の後期試験を受けます。小論文、面接です。”小児科不足を少しでも解消できるように、がんばりたい”という思い、”病気で苦しむ子ども、その家族をサポートしたい”という思いをぶつけてこようと思っています。
このページで色々勉強させてもらいました。ありがとうございました。また、立ち寄らせてもらいます。

投稿: ゆいママ | 2007年3月11日 (日) 15時06分

>ゆいママさん、はじめまして

もう今頃は後期試験も終わってますね。
小児科医の仲間が増える事を願ってますよ。

正直、医師の労働条件は過酷です。新しい臨床研修制度は功罪あると思いますが、功の部分として研修医の労働条件が改善されました。これが医師全体に広がるといいんですけど。わたしの最初の確定申告は130万円でした。今のうちの研修医ならバイトなし、時間外勤務なしで2~3ヶ月の給料です。

上のコメントにありますが、一番のネックは時間外診療の負担です。救急の当直をこなしたあとで感じるのは、苦しんでいる子どもを助けることができた満足感とは程遠いものです。

投稿: 管理人 | 2007年3月12日 (月) 21時37分

お返事ありがとうございます。後期試験終わりました。倍率が10倍くらいなので、正直神頼みです。
さて、私にも子どもがいますので、今思えば、時間外診療を受けなくても良かったなぁというのがあります。それは、初めて高熱を出したときです。今は分かりますが、子どもは通常夕方になると熱が高めになります。それが、初めての子で39度を超えてしまって、おろおろ。同居する親でもいれば、「たいしたことない」というのは分かったのでしょうが。今は次の日まで待つ余裕がでてきましたよ。ごはん食べる、うんちしてる、笑ってる、よしっ!みたいに。今思えば、病院の先生、ごめんなさいって感じです。だから、私は親も教育できるような医師になりたいと思います。教育というか、「こういうときは、こうだよ」って教えたい。
でも、実際、高熱で死んでしまったとか、脳性麻痺になったとか聞くと本当に怖いです。医師の労働条件、親の教育、同時進行で解決すべきですね。難しいですけど。

投稿: ゆいママ | 2007年3月12日 (月) 22時08分

小児科医を目指す方が増えるのはうれしいことですね。是非頑張ってもらいたいです。

水を差すようでなんですが・・・救急当番中にいらした親子に「熱だけでよく食べて機嫌も良く、ぐっすり眠れるなら一晩様子を見ていても大丈夫ですよ。これからそう考えてみて下さいね。」と言うと「心配だから連れてきたんだ。つべこべ言わずに診ろ!」と怒鳴られました。こういう人達が増えたことも小児科医が減った原因の一つだと思います。悲しい現実もたくさんありますが、子供達の笑顔がなによりの活力になりますから、頑張って下さい。

投稿: クーデルムーデル | 2007年3月14日 (水) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小児科医の過労死:

» 小児科医、過労死認定 [健康、病気なし、医者いらず]
またしても。 またしても、残念なニュースがありましたね。 これだけ医師不足、医療崩壊が叫ばれていて。 医師の中でも、最も医師不足と言われているのは、 産科医と小児科医ですが。 ある小児科医の先生が過労で亡くな... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 19時58分

» [人命軽視の労働行政] [東京日和@元勤務医の日々]
 長野から大阪までのスキーバスの事故で27名死傷とありますが、実は大型免許を取りって半年あまりの運転手(21歳)の実弟(16歳)がこの事故の犠牲者だったそうです。お気の毒なことです。事故を起こした直後...... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 21時27分

» 哀悼の意...過労死された小児科医の先生へ向けて [いなか小児科医]
2007年2月23日 曇りのち晴れ まずは、31歳という若さでこの世を去らねばな [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 00時26分

» もうこれ以上医師を殺さないで [救急救命士たちの待機室]
もうこれ以上医師を殺さないでという記事を更新しました。新作記事です。 一昨日の東京地裁判決のニュースを見て書いた記事です。搬送先や実習先、メディカルコントロール、研修などで教壇に立っていただくなど、救急隊員は医師と関わることの多い職業です。救急医療の現場で病院前救護を担当する私たち救急隊、病院に搬送すればあとは医師の診察となる訳です。私たちの仕事は病院到着でひと段落します。 それを受け入れる医師側の現実…。もちろん救急隊は病院に勤務をしている訳ではありませんので深い部分までは分かりません... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 23時01分

« アカデミー賞 | トップページ | 40歳の誕生日 »