« 医者一人の養成に1億円 | トップページ | 更新滞ってます »

2007年3月10日 (土)

お誕生日

かぜでゼーゼーして小児科に入院中の子が今日1歳の誕生日でした。

1年前、生まれた時はものすごく小さくて、重症感染もあってひどい状態でした。よくて在宅酸素かね、なんて声も聞こえる中で主治医(←わたし)はがんばりましたよ。

数日前、入院中におすわりができるようになったと、お母さんは晴れやかな表情。本人はおすわりして、目をキラキラさせて「あーあー」ご機嫌でしゃべっていました。

こんなお母さんと赤ちゃんの顔を見ていて、やはりこの仕事はできる限り続けたいなと思います。

|

« 医者一人の養成に1億円 | トップページ | 更新滞ってます »

コメント

子供の成長発達が我々の元気の源ですね。

お互い頑張りましょう。

投稿: クーデルムーデル | 2007年3月11日 (日) 11時02分

新生児の急性期管理は本当に大変ですが、このお母さんと赤ちゃんの顔を見てまたしばらくがんばれますよ。

投稿: 管理人 | 2007年3月12日 (月) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お誕生日:

» 脳梗塞症状 [脳梗塞症状]
脳の血管が詰まり、血液が脳へ供給されなくなることから脳が壊死を起す恐ろしい病気、脳梗塞。その症状は脳梗塞の種類によっていろいろです。脳梗塞の症状についてまとめてみました。 [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 21時59分

» 肝臓がん 症状 [肝臓がん 症状]
肝臓は沈黙の臓器といわれているように症状がはっきりしてきたころに手遅れとなっている場合が多いのが肝臓がんの恐ろしいところです。ただ肝臓がんの症状の一般的な傾向として全身倦怠感食欲不振微熱が続いているみぞおちのあたりにしこりがある黄疸が...... [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 06時08分

» 肝細胞がん治療 [肝細胞がんを学ぶサイト]
トラックバック失礼します。 肝細胞がん治療をまとめました。 肝細胞がんの主な治療は以下の4つです。 1、肝切除 腫瘍を含む肝臓を切除する手術療法である。切除範囲は腫瘍の位置や広がりによって決定される。正常肝では処理能力にかなりの余裕があるため肝の大部分を切除する手術も可能であるが、肝硬変では肝予備能が低下しているため切除できる量が限られる。肝細胞癌患者の多くは肝硬変がベースにあるため、必要な切除量とのバランスが取れず手術ができないことも多い。また肝外転移がある場合は切除による生存期...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 8日 (火) 12時44分

» 肝硬変の症状 [肝硬変の予防と対策]
●食道静脈痛肝臓から逆流した血液が、細い静脈に流れ込みコブのようなものを作り静脈癌ができます。痛みや異物感等の自覚症状がないので定期的な検査をうけ、破裂を防止しなければなりません。静脈癌が赤みを帯びてきたら、破裂の危険信号ですので、予防のための治療が必要になります。●肝性脳症肝臓の機能が低下するためく解毒されなかったアンモニアが脳に達して精神症状や意識障害を起こします。●腹水腹部に水がたまりお腹がふくらんだ状態で、肝硬変にともなう症状のひとつです。●痔肛門の静脈が腫れて出血し...... [続きを読む]

受信: 2007年5月17日 (木) 21時57分

« 医者一人の養成に1億円 | トップページ | 更新滞ってます »