« 更新滞ってます | トップページ | 異動前最後の当直 »

2007年3月31日 (土)

北海道の小児科医の現状

この間のテレビ放送ですが、ネットで動画が配信されています。

http://www.news24.jp/category07/2007/03/30.html

密着されているのはうちの若手です。入局1年目と紹介されていますが、臨床研修を終了した3年目のDrです。

当直などと言うものではなく夜勤であることがわかってもらえるでしょうか。うちは集約化によって人数が多くなるからまだマシですけど、同じマチの公立病院小児科のDrはこの4月からテレビ取材の日のような救急指定を月に7日もこなさなければいけません。そちらのDrが燃え尽きてしまわないか心配です。

これ見るとわたしの素性がわかってしまいますが、まもなく退職なのでいいですね。よ~く見るとわたしも映っています。

|

« 更新滞ってます | トップページ | 異動前最後の当直 »

コメント

 動画を拝見させていただきました.私もある大学の医局員ですが,私のところは,大学自体が集約化と反対のことをやっている大学ですので,弱小小児科にはきつい状況であります.
 NICUと一般小児科を同じ医師がやっているということの問題点をもう少しつついてくれたら良かったかなあと報道には思いました.
 私は先日,嘔吐下痢でぶっ倒れて1日休みましたが,それが今年になって初めての完全休日でした.

投稿: 首都圏の新生児科医 | 2007年4月 2日 (月) 21時13分

オンエアは見られませんでしたが、動画見させて頂きました。
ほんとに厳しいですよね。日勤と夜勤の連続は私には考えられない事です。
先生の名前もばっちり映り込んでましたねぇ。
行かないでぇと叫びたいけど、札幌でみんなが待っているようです。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: ブース子2号 | 2007年4月 2日 (月) 22時07分

>首都圏の新生児科医さん
NICUと一般小児科を同じ医師がやっていることの問題は、病院が敢えて隠したようです。ばれるとよくない事なんでしょう。

>ブース子2号さん
個人的な事情、医局の事情両方が重なって異動となります。自分はもう半分ここの人になってます。離れると懐かしくなるんでしょうね、きっと。

ちょっと追加です。

誰のための集約化なのか?がポイントと思います。
患者のためでないのは間違いないでしょう。教授は「若手のため」と言ってましたね。
今回の集約化は6人+3人=8人な訳ですが、これって集約化?それともリストラ?どっちなんですかね。
お互いの病院に当番のDrがいたわけですから、3人病院から来たDrにとっては当番の回数はかなり減ります。しかし、自宅待機から当直になりますけど。6人病院のうちの若手にとっては月6回の当直が5回に減り、一方で昼も夜も仕事量はアップとなります。う~ん、これ以上は書きにくいです、お察しください。

投稿: 管理人 | 2007年4月 2日 (月) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の小児科医の現状:

« 更新滞ってます | トップページ | 異動前最後の当直 »