« 恩師との再会 | トップページ | 敬老の気持ち »

2007年5月16日 (水)

解剖実習の思い出と人体の不思議展

先月から地下鉄で通勤しています。地下鉄で吊革につかまっていると広告が目に入ってきます。最近よく目にするのがファイターズとコンサドーレのポスターです。試合の日程を見て、どの試合見に行こうかなーなんてぼーっと考えていたりします。そしてどうしても目につくのが、「人体の不思議展」の広告です。ずいぶん盛況のようですね、新聞には5万人めの入場者に記念品が・・・なんて記事も、○大医学部2年って後輩じゃないか・・・。家で4年生の長男くんに聞いてみたら案の定行きたいって言ってました。

この人体の不思議展、何年か前のも含めて行ったことはありません。伝え聞くところによると、本物の人体標本が展示されているんですね。中国人の死体を中国で処理したものとか・・・。
見に行ったことのないものの印象ですが、見世物的な感じがして違和感が大きいです。

わたしたち医師は学生時代に解剖実習をやっています。学部に上がり最初に習うのが解剖学ですが、確かある程度授業が進んだところで献体された遺体を使っての解剖実習となります。医師になる勉強をスタートする導入部として非常に大きな意味を持つ実習だったと個人的には思っています。なかなか表現が難しいですが、これから医師としてずっと扱うのは生身の体なんだと言うことと、死を意識させられると言いますか。

翻ってこの人体の不思議展・・・実際に足を運んだ人の印象はどうなんでしょう?標本として遺体を提供した人の尊厳は守られているんでしょうか?ただの興味の対象、見世物になっている、金儲けの道具になっているのではないんでしょうか?

どうも違和感を拭い去ることができず、見に行く気になれません。

|

« 恩師との再会 | トップページ | 敬老の気持ち »

コメント

お返事ありがとうございます。

ご子息は興味がお有りなのですね。
我が家の中2の長男の生物の授業でも
その話題になり、先生を含めて何名か行っている様です。
「行ってみたらいい・・(カナ?)」という事らしいのですが・・。

余談ですが、クラスには医師希望者が多いと聞きました。


投稿: ノクターン | 2007年5月17日 (木) 06時11分

何年か前に私も行きました。行こうと思った発端が、人体に対する興味があったことは否定できませんが、実際に献体された方を目の前にすると、彼らの人生や、献体に至った気持ちに想いが向きました。どんな気持ちでこの標本になることを希望したのか、彼らが私達に発したかったメッセージはなんだったのかを思うと、とても神妙な気持ちになりました。体中が金属関節に置き換わった方等を拝見すると、その方の人生の壮絶さを想像してしまい、これほどつらくても全力で生きた方がいるのだと励まされるような感覚を覚えました。

周囲の方々の反応は様々でしたが、一緒に行った愛煙家の男性は、喫煙により真っ黒になった肺を見て禁煙を始めました。もしかしたら猟奇的好奇心に終始する方もいるかもしれませんが、誰かの人生を変える可能性のある展示であることも確かかもしれません。

ちなみにご遺体は、自由意志により無償提供されていて、ドイツの「プラスティネーション」という技術を用いて固定化しているようです。献体はヨーロッパ圏の方が多いと展示場の説明にありました。実際に医学のプロである方が、一般人用に分かりやすく(半ば衝撃的に)アレンジされた献体を見てどこまで共感いただけるか分かりませんが、ぜひ先生も一度行かれてみてください。結果的にプラス評価であれ嫌悪感であれ、何かを感じられる展示であることは間違いないと思います。

ただ、私はあまり小さなお子様には一律にはお勧めしません。子供の感受性の高い心にどのような影響を及ぼすか想像できないからです。先生のお子様が行かれるなら、事前に先生がご覧になってご判断されるのがよろしいかと思います。

投稿: しろくま | 2007年5月17日 (木) 23時34分

これについては、中国の囚人が無理やり.....
辞めときます。

投稿: 匿名 | 2007年5月18日 (金) 23時17分

出張で留守にしていて返事が遅くなりました。

主催者側がどんな思惑で展示していたとしても、結局は見に行く人それぞれの感受性次第と言うことでしょうか。

>しろくまさん
数年前に行われた「人体の不思議展」と現在行われている「新人体の不思議展」は違うようですね。ドイツのプラスティネーションと異なる中国で開発されたと称する技術により中国で制作されたのが「新人体の不思議展」との事です。

投稿: 管理人 | 2007年5月22日 (火) 18時41分

最近の「人体の不思議展」の情報です
中国人死刑囚を闇で売買して加工し皮をはいで見世物にして金儲けしています。
★「沖縄展」では「法律違反」の可能性があり全ての団体が「後援を辞退」しました。
http://www.com-net.city.naha.okinawa.jp/cgi-bin/welbbs_i/community.cgi?cmd=one;no=324;id=
★献体同意書は盗用偽装だった
http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-186.html
★カリフォルニア州で人体展禁止法案が可決されました★
http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-181.html
★★日本語字幕のPart1,Part2がRedFoxサイトにあります★★
 http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-174.html
・「死体」の写真があります。ABCnewsのPart2の7分52秒のシーンで使われている「死刑囚」の写真のサイト 
 http://www.observechina.net/info/artshow.asp?ID=47822
   検索:唸声中国/死刑囚の遺体を人体標本に、  のなかの2番目URL

投稿: 人体 | 2009年2月11日 (水) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 解剖実習の思い出と人体の不思議展:

» 新・人体の不思議展 [35歳から英語勉強して良いかな?]
札幌メディアパーク・スピカにて催されている『新・人体の不思議展』に行ってきまし [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 21時57分

« 恩師との再会 | トップページ | 敬老の気持ち »