« 弁護士のお仕事 | トップページ | 殺人者 »

2007年9月 2日 (日)

どんだけ働いたら許してくれる?

先週から病棟はバタバタ忙しくなっています。
月~火は泊りがけで出張、これは健診なので楽した。夜はビール飲んで温泉に浸かれます。僻地病院への出張だと夜の当番もありますから、夜もゆっくりはできません。

火曜の夜に家にもどり、木曜は当直でした。病棟は大変な状態でまったく寝られず。朝方1時間くらい横になりましたが、すぐ起こされました。そのまま金曜は勤務して6時半に帰りました。34時間の連続勤務(休息は1時間のみ)ですね。でも、新生児のDrが複数いる病院だからこそ、34時間の勤務後他のDrに任せて帰る事ができます。土曜は1日休んでまた日曜は当直ですけど・・・。

こんなのは勤務医としてはごく普通の生活です。

先週は奈良県でまた騒動が起きてますね。妊娠が疑われ出血している女性が救急隊を要請したものの、1時間半に渡り受け入れ先が見つからず、おまけに搬送中交通事故に遭い、結果死産となったそうです。
ちょうど1年前に当たる大淀病院の件のこともあり、大きく報道されています。
今回のマスコミの攻撃対象は主に奈良県立医大の産婦人科のようです。医大が患者を受け入れなかったことに関して、毎日新聞は余力があったのに断ったと報じ、産経新聞は主張(産経新聞では社説にあたる)で非難しています。

よっぽど腹に据えかねたのか、奈良県立医大はその夜の産婦人科がどんな状況だったのか公式に声明文をHPに掲載しました。これを読んでみると医大の産科医師がその夜どれだけの仕事をしていたのか、わたしたちにはよく理解できます。本当によくがんばっていますね、頭が下がります。彼らに相応しいのは労いの言葉であって、決して非難や罵声ではないはずです。
これだけ産婦人科医の過重労働が問題になっている昨今、記者だってどんなに産婦人科医ががんばっているか知らないはずはありません。

来年5月、奈良県立医大が総合周産期母子医療センターとなるとも繰り返し報じられていますが、その時まで彼らの気持ちが切れずに続いているか本当に心配です。認定されるために病棟の改修工事が行われベッド数が増えるはずですが、人が増える予定はあるんでしょうか?ベッド数なんていくら増やしたって、産科医を増やさなきゃどうにもならないでしょう。

地元北海道の周産期医療も厳しい状況です。奈良の心配ばかりしてられる状況ではありません。新聞では道立の「コドモックル」が昨日オープンし、周産期医療の充実がなんて報じられていますが・・・。実態は産科医、助産師、看護師を予定数採用できず、産科はほとんど機能しないとか・・・。NICUも増床分を稼働させるための看護師を確保できていないようです。医療は「人」です。周産期母子医療センターなんて肩書きや予算を与えたって何にも機能しません。

最後に、救急車の音が聞こえたら車は止めましょう!
救急車の事故は少なくありません。前の勤務地では自分のところに搬送中の赤ちゃんが車に突っ込まれ亡くなる事故がありました。マナー違反が目立ちます。歩行者もですよ!救急車が交差点に入っているのに「自分は青だから」っていうのか堂々と渡っている歩行者も目立ちます。

|

« 弁護士のお仕事 | トップページ | 殺人者 »

コメント

管理人様:

>ベッド数なんていくら増やしたって、産科医を増やさなきゃどうにもならないでしょう。


いえいえ、マスコミ様はベッドさえあれば治療が可能と考えていますから、医師がいなくともベッドを揃えることは大事なんですよ(笑)。ベッドさえあれば何とでもなるんですよ、彼らの頭の中では。
「当日、奈良医大産科ではベッドが2床空いていたではないか!!」というマスコミの非難がそれを象徴しています。

投稿: 暇人28号 | 2007年9月 2日 (日) 16時29分

奈良県立医大のHP見ました。すんごい働いてるよね。
きっとあんなに働いてるのは先生達の中では珍しい事ではないのでしょうが、一般人から見ると、自殺行為の様にも感じられます。こんなハードワークと犠牲に支えられている薄紙の様な日本の医療環境、何とかしなければ!!
何が出来るんでしょう。焦ります・・・・・

投稿: ブース子2号 | 2007年9月 3日 (月) 22時26分

札幌の「たらい回し」も毎日や北海道新聞で報道されていましたね。教授のところに取材が来ていたようです。
札幌でも危ない綱渡りが日常茶飯事なのはよ~く知っています。

新聞社は人を非難するならきちんとした取材をして欲しいものです。
そう言えば3月に取材された時は、24時間密着と言っておきながら小児科医は36時間連続で働いているのに取材スタッフは夜帰っちゃったけど・・・。

あまり関係ないですが、北見の断水に関して復旧担当の職員の7月の時間外手当が120万円にもなったとか・・・(1人で120万円!)
過労死寸前まで働いている医者の給料の適正額はいくらなんでしょうね?

投稿: 管理人 | 2007年9月 4日 (火) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんだけ働いたら許してくれる?:

« 弁護士のお仕事 | トップページ | 殺人者 »