« 小児がんのドキュメンタリー | トップページ | レッドソックス ジョン・レスター投手 »

2008年3月10日 (月)

時間外外来の自己負担

『噂の!東京マガジン』昨日放送分での森本毅郎氏の発言が多くのDrの怒りをかっているようですね。わたしは見ていませんでしたが、「病院がコンビニ化して何が悪い」と言うような発言があったとか・・・。

病院のコンビニ化、コンビニ外来or救急などの言葉が、医療崩壊の一因としてよく使われるようになりました。どんな意味かと言うと、365日、24時間、受診したいと思った時に気軽に受診する行動の事でしょうか。世の中にコンビニがなかった頃、夜中に開いているお店はありませんでした。夜になってアイスが食べたいと思っても我慢するしかなかったのが、今ではいつでも手に入るようになりました。それと同じ感覚で病院を利用するのが、病院のコンビニ化です。

利用する側の言い分としては、「素人には軽症かどうか判断がつかず翌日まで待つのは不安」「日中は仕事があり、病院にかかれるのは時間外だけ」などがあります。
Dr側の言い分としては、「日本のほとんどの病院で夜働いているDrは夜勤ではなく、宿直→公的病院の宿直手当はコンビニの時給より安いことがある上、翌日も夜まで連続32時間以上の勤務」「日中にくらべ専門外の患者を診る事が多く、訴訟が怖い」などなど。

森本毅郎氏は「社会の変化に対応できていない病院が悪い」とも発言したそうです。9時5時の日中は8時間、時間外は16時間にもなります。24時間病院を開けるにはどれだけの人手、コストがかかるでしょうか?多くの病院はコスト無視の状況で時間外外来を行っています。また、限られた医師数を考えればどんなにコストをかけたとしても、24時間病院をあけることは不可能です。

苦肉の策と思いますが、時間外外来の自己負担を増やすことで時間外受診を抑制しようとする動きが出てきているようです。埼玉医大が8400円の自己負担を選定療養(希望で個室に入りたければ自己負担で支払うように、夜受診したければ自己負担が発生する)として徴収することを決めました。それに続くように、焼津市立病院、埼玉県立小児医療センターでも自己負担を決定、検討している事が報道されています。

病院側が自己負担を検討するのはあくまでも軽症患者の受診抑制のためであり、これでコストが見合うものになるわけではありません。現状、病院のコンビニ化は絶対に無理!!なんです。医師数も病院で支払う値段も国が決めているんですから、「社会の変化に対応できていない病院が悪い」わけはない事は明らかですよね。

夜通しで軽症の時間外患者を診て、朝からはそのまま通常の外来に突入、診察室に入ってきた子は夜中に診たどの子よりも重症・・・(具合悪いのに我慢して朝受診・・・)なんて経験はたくさんあります。コンビニ感覚で病院を利用する不心得者が医療資源を食い尽し、本当に必要で病院にかかる患者の負担が増えていく。正直者が馬鹿を見る・・・やっぱりおかしいんじゃないでしょうか?

|

« 小児がんのドキュメンタリー | トップページ | レッドソックス ジョン・レスター投手 »

コメント

あの番組、見てました。なんでわがまま勝手な言い分なのか。
いつも、テレビのコメンテーターの不見識に驚かされますが、あれはひときわでしたね。医療費削減を至上命題に医師の数さえも減らされている現状については、一切コメントがありませんでした。まるで今の医療の状況は一人医療従事者の責任であるかの様に。抗議をどんどんぶつけていく事が必要ですね。

投稿: ブース子2号 | 2008年3月11日 (火) 22時05分

たとえあの番組がバラエティだからと言っても、影響力は大きなものと思います。影響力を持つ以上、“無知”が罪であることを認識すべきですね。

投稿: 管理人 | 2008年3月13日 (木) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間外外来の自己負担:

» 飲むだけで髪の毛が生える発毛剤 [WIN GRACE]
飲むだけで発毛・発育に大きな結果を出します。20年の実績を元に貴方にお届け致します。 [続きを読む]

受信: 2008年3月11日 (火) 17時27分

« 小児がんのドキュメンタリー | トップページ | レッドソックス ジョン・レスター投手 »