« 当直室のアメニティ | トップページ | 最果ての町 »

2008年8月21日 (木)

加藤先生、ご苦労さま

福島県立大野病院の事件で、昨日無罪の地裁判決が出ました。

加藤先生が逮捕されて2年6ヵ月・・・長い日々でした。本当にご苦労さまです。

無罪は当然の結果と思いますが、この裁判にはいったいどんな意味があったんでしょうか?

医療過誤、医療不信が世間の関心を集める中での“見せしめ”としての逮捕であったことは明白でした。たくさんいる医師の中には確かに問題のある人物も存在します。医療界の中での自浄作用が働いていないとの批判は甘んじて受けなくてはならないでしょう。しかし、“見せしめ”にする対象を完全に誤ってしまったのが大きな波紋を呼んだ原因です。

医療界の大反発によってマスコミの報道に変化の兆しが表れているのが、わずかな収穫かもしれません。ただ、無罪の判決にも関わらず毎日新聞、産経新聞、NHKなどは、被告を非難するような報道を続けていますが・・・。

なぜこれ程までに医師が強烈に反応したのか?医師でない人には理解が難しいかもしれません。最近の医学生を対象にしたアンケートで、逮捕を当然と返答した学生も含めて肯定する意見も多かったと報道されていました。医学生にしてこの意見ですから、一般の人たちがどのように感じているかは推して知るべしでしょう。

報道には変化の兆しがあるものの、医師と患者の間の溝はこの裁判でさらに深まったのではないかと危惧しています。

今回の裁判では周産期医療の臨床の現場で活躍している優秀な医師が証人として立ちました。日本で最高レベルの専門家が意見を述べたにも関わらず、亡くなった妊婦の家族にとっては何の意味も成さなかったようです。

加藤先生にとっても、亡くなった妊婦の家族にとっても、大変な不幸をもたらしたと思われるこの裁判の原因は、福島県の事故調査委員会の不適切な報告書にあるのでしょう。罪作りなことでしたね。

わたしは新生児科医ですから周産期医療に身を置いています。妊婦が亡くなる場面にも何度か立ち会ったことがあります。医師と患者の間にしっかりとした信頼関係があり、その後の誠実な対応があればこのような不幸な出来事を避けることができるだろうとの意見がありますが、それは現場を知らないものの言い分です。
信頼関係を築いていた妊婦さんは亡くなっているんです。
医療不信を煽る報道が続くこの時代に、医師の言葉に耳を貸す家族はいるでしょうか?

世界一成績のよい周産期医療を提供している日本の医師に医療不信の原因があると言うのは、やはり納得できません。

|

« 当直室のアメニティ | トップページ | 最果ての町 »

コメント

8/20(水)コラムの花道
http://tbs954.cocolog-nifty.com/st/files/st20080820.mp3

8/20(水)コラムの花道は勝谷誠彦さんです。
話題は、今日の午前中に無罪判決が出た、福島県の病院で起きた帝王切開死亡事故など。
-----------------------------------------
・医師が逮捕されて連行させていくというあのとんでもないシーン、あれが日本の産科崩壊の始まりなんです
 本人は逃亡する恐れがないんですよ、あれはやっぱり警察が出たがりだったんだな
 警察なんか医療の事分かるはずがない

・遺族は告発も民事訴訟も起こしていない、それなのにマスコミが書いて警察が動くこの卑しさ

・マスコミの責任が重い、『妊婦たらい回し』という言葉を作っちゃった・・・明確に調べないまま、
 特に  毎日新聞!  無責任に妊婦たらい回したらい回しと

・業界では野良妊婦と言うんですよ検査も受けないでそれで何かあると逮捕される、しかも金を払わないで逃げちゃう

ーーーーーーーーーーーーーーー

ここで仰っていますが、
「墜落しそうな飛行機を機長が何とか無事に着陸させようと色々試行錯誤をするものの、結局は墜落してしまった場合と一緒。この場合、機長を罰するのか?」
と喩えていました。これでも、非医療従事者は理解してくれないかなあ。

法律用語の「過失」には2つの要件が必要だそうです。
・ 危険性を事前に予測できたか?
・ 回避することが可能であったか?

病状が急速に変化する場合、治療できる時間が限られていることが多く、行うことが出来る検査・治療は限られるわけです。その中でどの方法を選択したとしても、助かる人も居れば、死亡する人も居るわけです。もし、その方法を選択し、死亡したからといって、別の方法を選択しても救命できるとは限りません。

投稿: 暇人28号 | 2008年8月23日 (土) 21時15分

問題のある報道も散見しますが、今回の判決を肯定し、逮捕したことを間違いとする記事が多数あります。
多くの非医療者が理解してくれることを望みます。
今回の判決をよい兆しと考えたいですね。

投稿: 管理人 | 2008年8月28日 (木) 21時21分

「医療の限界」で患者の命を救えなかった医師が「医療ミス」として逮捕されて、無罪になっても「殺人医師」と猛烈にバッシングされたり、患者の命を救えなかった救急隊がさも「救急隊が患者を殺した」かのように猛烈にバッシングされるこの現状を見て…。

消防士が火事を消し止められずに焼死者が出たら「殺人消防士」として逮捕。
警察官が人質立てこもり事件を解決できずに死者が出たら「殺人警官」として逮捕。
ライフセーバーが溺れている者を救えなかったら「ライフキラー」として逮捕。

そんな、「スーパーマンじゃないと生きていけないような世界」がやってきそうで怖いですね。

そしてなり手がいなくなる…と。

投稿: 都筑てんが | 2009年8月 9日 (日) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加藤先生、ご苦労さま:

« 当直室のアメニティ | トップページ | 最果ての町 »