« 最果ての町 | トップページ | 幼児が一番死ぬ国・日本 »

2008年9月 9日 (火)

「小児がんと生きること」10年

このブログの前身である同名のホームページをご存じの方も多いかと思います。正確な日付を忘れてしまったんですが、「小児がんと生きること」を立ち上げてまもなく10年になろうとしています。

ホームページの時代もブログになってからも、気が向いた時に更新するくらいであまりまめにやっていなかったのがここまで続いた理由でしょうか。
そもそものはじまりはその年、札幌で小児がん学会が開かれた事。当時働いていた病院から近いホテルが会場でした。学会員でもないわたしでしたが、公開シンポジウムのポスターをたまたま目にして少し早目に職場を後にして会場に向かいました。そのシンポジウムの司会をしていたのが「がんの子どもを守る会」の北海道支部でお世話をしてくださっているDrでした。そのことをきっかけに自分も「がんの子どもを守る会」と関わることになりました。
自分は神様は信じませんが運命的な出会い、出来事はあるものだなと思っています。

当時、結婚して子供が生まれたばかり、自分の中では大きな変化があった時期でした。後になって振り返ってみると、病気になってからずいぶん時間が経ってはいたものの精神的にしっかり吹っ切れたのはその頃かなと感じます。

今の自分は仕事もそこそこ忙しくなかなか自由になる時間がありません。自由になる時間は自分と家族のために使っています。
「がんの子どもを守る会」としての活動はまったくしていないのが現状ですが、ホームページやブログを見てくれた人が将来に希望を持つお手伝いができたらよいなと思います。

|

« 最果ての町 | トップページ | 幼児が一番死ぬ国・日本 »

コメント

はじめまして。我が子が病気になり色々勉強し子供を守る会も知りました。
守る会の方が病院に来て話す機会もありました。お忙しいとは思いますが先生も是非そういった時にでも一緒に活動するのはどうでしょうか。私たち親は小児がんに勝った姿が励みになります。

投稿: | 2008年9月10日 (水) 05時50分

わたしがこんなブログをだらだらと続けていることで励みに思ってくれる方が一人でもいるのなら価値はありますね。

投稿: 管理人 | 2008年9月12日 (金) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「小児がんと生きること」10年:

« 最果ての町 | トップページ | 幼児が一番死ぬ国・日本 »