« 幼児が一番死ぬ国・日本 | トップページ | ドラマ『小児救命』 »

2008年9月23日 (火)

医療費削減どこまで

医療費:「包括払い」係数廃止 病院淘汰促す--厚労省方針

 厚生労働省は、1日当たりの医療費が定額のDPC(入院費包括払い)病院に、収入を保証する目的で設定している「調整係数」を、10年度から段階的に廃止する。代わりに地域の開業医と連携し、退院患者のケアを引き受けてもらうなどの役割分担を進めて、入院日数を短くした病院が増収となる新係数をつくる。病院の再編・淘汰(とうた)を進め、医療費削減につなげるのが狙いだ。【吉田啓志】

 DPCは1日当たりの医療費を定額とし、患者に必要以上の注射や検査をしても病院の収入が増えないようにする制度。医療費削減のため03年に始まり、全国約9000病院の16%に当たる1428病院が導入(準備中も含む)している。

 ただ、収入が前年度を下回らないよう報酬をさじ加減する調整係数が病院ごとに設定されている。初年度にDPCを取り入れた病院は、導入前より平均3%収入が増えた。調整係数のおかげで増収となっている病院も多く、厚労相の諮問機関、中央社会保険医療協議会でも「国民の理解を得られない」との指摘が出たことから廃止に踏み切ることにした。

 しかし、一気に廃止すれば「多くの病院がつぶれる」(厚労省幹部)ため、新しい評価に基づく係数を設ける。「地域での機能分化と連携」に積極的な病院は収入が増え、消極的な病院は淘汰されるよう促す。

以上、毎日新聞からの引用です。

やっぱりな・・・という印象ですね。「国民の理解が得られない」などと書いてありますが、最初からの筋書き通りでしょう。白々しいなあほんとに。
神様になって国民をコントロールするシミュレーションゲームでもやってるつもりなんでしょうかね。医療者以外はこの記事を見ても何のことかわからないでしょう。いまいちな病院が淘汰されてつぶれて、いい事と思われちゃうんですねきっと・・・。
新聞の役割は何なんでしょうか?官僚の発表を言われるがままに記事にするだけ?
北海道の地域でがんばっている病院がこの結果どうなることか・・・。住民は『淘汰』なんだからしょうがないとあきらめるられるのかな。

|

« 幼児が一番死ぬ国・日本 | トップページ | ドラマ『小児救命』 »

コメント

毎日のお仕事お疲れさまです。
母が、去年病気になり、それ以来、いろんな記事やブログを拝読する機会が増えました。
私自身子供もいて、なにげにのぞいたのが始まりで、今では更新を楽しみにしています。
現役のお医者様の素直な意見が聞けて貴重です。

投稿: たまこ | 2008年9月30日 (火) 17時17分

<たまこさん、はじめまして

読んでくださってありがとうございます。
わたしの意見に対する非医療者の意見もぜひ聞かせてください。
病院、特に医者の前では本音を出す人は少ないですから。

投稿: 管理人 | 2008年10月 1日 (水) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医療費削減どこまで:

» 社会保険 [社会保険ナビ]
社会保険の基礎知識や各社会保険の特徴について [続きを読む]

受信: 2008年9月23日 (火) 18時09分

« 幼児が一番死ぬ国・日本 | トップページ | ドラマ『小児救命』 »