« 集団無責任 | トップページ | 小春日和のドライブ »

2008年11月 7日 (金)

保育器が足りない??

激務が続いています。
この一週間、NICUは大変な荒れようです。その間に当直が3回、一週間に3回ってどうなの?と思いますが、次の土日は連休です。それを心の支えにがんばりますか・・・。思えば連休って8月の夏休み以来だな、たぶん・・・。

今日もあまり寝られそうにないので、早い時間から当直室にこもってゴロゴロしながらテレビをつけています。NHKのクローズアップ現代、苦境に立つ教育の現場についてやってました。政治の力関係で教育に使われるお金が少ないそうで・・・。(厚労省とおんなじね)出演していたICUの教授は、教育は労働集約型の現場、書類の増加やら何やら教師の仕事は以前に比べて格段に増加している、現場の熱意で支えられているがもう限界、などなど話していました。そっくりそのまま医療崩壊の解説に使えそうなコメントですね。教育と医療、かつて聖職と呼ばれた教師と医師。よく似てます、ほんとに。

それから、日本テレビのNEWS ZERO・・・今日もどこのチャンネルでも産科の受け入れ拒否の話題ばかり。仕方なく医療問題については一番理解がありそうな村尾キャスターのZEROを見ていました。でも、今日はがっかりだな・・・。
村尾キャスターの「保育器が足りないんです。」の連呼・・・

産科の受け入れ拒否の記事をよく見てもらえばわかりますが、半分以上の病院の受け入れできなかった理由はNICUが満床だったこと。それを受けての発言が「保育器が足りないんです。」

この発言、間違いとは言いませんが正しくはありません。
かつて自分が働いていた地方のNICUはベッドには余裕があったので滅多に受け入れ不能とはなりませんでした。6年間いて受け入れ不能となったのは1度のみ、その時に2人の妊婦さんの受け入れを断りました。満床を超える入院患者をかかえ、医師も看護師もへとへと。残業に次ぐ残業でみんなに疲れが見え、小さなミスも目立ち始めました。責任者であった自分は地域の基幹病院として重症患者を受け入れるため軽症患者を断りたいと上司に相談しました。その時に上司に言われたのが「保育器を借りてこようか?」でした。わかる人にはわかりますよね、わたしがどんなに絶望したか。

医療は人が集まったチームで成り立っています。足りないのは『人』であってベッドではありません。

新生児科医という存在を知る人は世間にほとんどいないでしょう。NICUを動かしているのは新生児科医です。少子化にもかかわらず、NICUに入院する赤ちゃんは右肩上がりに増える一方なのもほとんど知られていないでしょうね。不妊治療、出産年齢の高齢化、超早産の重症児の救命が可能になったこと・・・たくさんの要因がその理由です。新生児科医の数はここしばらくまったく増えていません。NICUは大変な人手を必要とする場所です。足りないのは保育器じゃなくて新生児科医です。そこをみなさんご理解ください。

|

« 集団無責任 | トップページ | 小春日和のドライブ »

コメント

こんばんは。5年前にHPに書き込みさせていただいた者です。あのときはまだ学生で、小児科をめざしていました。今、あのとき目指していたとおり小児科医になってます。一般病院で後期研修をしているので、小児がんの患者さんとはあまりかかわらないかとも思っていましたが、脳腫瘍の患者さんや、悪性リンパ腫と診断され転院していかれた方を担当しました。じっさいに治療に向き合ったことはないけれど、家族の方の悲しみや不安がこんなにも深いものだ、と実感しました。そして子供さん自身の、なんとなく不安を感じ取っている表情も目の当たりにしました。
 普段の仕事は、おもに喘息や肺炎、風邪のお子さんを外来や病棟でみていて、最近はやや疲れ気味でしたが、いま、「命のリレー」という癌闘病患者さんの活動をテレビでやっていたのを見ていて、学生のときに見たこのHPを思い出したんです。
 
 新生児科の問題、たしかに人手不足はどこも深刻な問題です。ある大学病院のNICUは最近まで夜勤の看護師さんが一人しかいなかったとか…
 うちの病院は夜勤看護師さんはさすがに一人ではないけれど人手不足は例外ではなく、中堅レベルの先生が足りないので当直がきつそうです。
 満床のため救急車を断り、それが他の県のNICUまでいったこともあります。

 仕事をしていると、心が折れるようなことも沢山あります。でも、少しでも、病気と闘っている子供さんと、小児科の未来が明るくなるように祈りながら仕事がんばりたいです。

投稿: あっこ@4年目小児科医 | 2008年11月 7日 (金) 23時05分

お久しぶり、がんばっているようですね。

きっと体も心もつらいでしょうけど、仕事が面白くなってきた頃じゃないですか?

基本的に医師の仕事(小児科医の仕事)は本当にやりがいのあるものですよね。よい環境で小児科医が働ける未来を望みたいものです。

投稿: 管理人 | 2008年11月10日 (月) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保育器が足りない??:

» たった3ヶ月間で妊娠できる [不妊症で妊娠したいと悩んでいるならこの手紙を読んで!]
たった3ヶ月間で妊娠できるってほんと?以前、苦労に苦労を重ねた上でやっとの思いで妊娠することができた、わたしの噂を聞いて、そんな質問がきたのです。そのとき、私はこう答えました。はい、誰でも99.9%妊娠できます。その方法をレポートにまとめ、今だけ全額返金保障特典きで差し上げています。手に入れたい!という方は、このページをじっくり読んでください。「失敗しない妊娠術」不妊治療経験者の92.7%(※)が犯しているある致命的な間違いから生まれた驚きの妊娠する方法※不妊治療経験者1,7...... [続きを読む]

受信: 2008年11月26日 (水) 15時21分

« 集団無責任 | トップページ | 小春日和のドライブ »