« 積丹岳スノーボーダー遭難事故 | トップページ | 坂の上の雲 »

2009年10月29日 (木)

誠意って何かね?

今日はドラフト会議が終わり、まもなく日本シリーズ開幕です。ファイターズとジャイアンツの対決となれば、北海道は盛り上がります。かつての北海道ではテレビ中継はジャイアンツ戦のみでしたから、ジャイアンツの人気が圧倒的でした。でも、今は違います。

駒大苫小牧が甲子園を制覇し、ファイターズが優勝し、北海道の野球は大変な人気です。

日本ではFA移籍なんかの話はまだですが、海外から帰ってくる人のことがいろいろと報道されていました。ネットで見ていると見出しの中でやたら目につくのが「誠意」の文字。プロ野球界では何か最近やたら使われてないですかね、この言葉・・・

わたしだけかもしれませんが、この「誠意」という言葉・・・胡散臭い感じがして好きじゃないんですよね。そんなんでその言葉を口にする人も胡散臭く感じてしまう。

誠意を辞書で見てみると:うそいつわりのない心。私利私欲のない心。まごころ。ってあります。

「誠意を見せろ」と言われた場合、誠意(ほぼ)イコールお金と思いますよね。球界ではどうやら早く手を上げたとか、よい条件(お金)を用意した。なんていう意味で使われているようです。「誠意を感じた」よりも「熱意を感じた」の方がずっとぴったりな気がしますがね・・・

「グラウンドにゼニが落ちている」と言った監督がかつていました。プロ選手なんだから評価はすなわち年俸です。わざわざお金を「誠意」と言い変える方がよっぽど品がないように見えますが、どうなんだろ。

|

« 積丹岳スノーボーダー遭難事故 | トップページ | 坂の上の雲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誠意って何かね?:

« 積丹岳スノーボーダー遭難事故 | トップページ | 坂の上の雲 »