« 診療報酬改定 | トップページ | 息子の入学式 »

2010年2月21日 (日)

ハートリンク共済

毎日新聞で以下の記事を見つけました。

ハートリンク共済というのがあるんですね、知りませんでした。

引用します。

小児がん:健康な人も加入可能に 経験者の共済保険

 小児がん患者の親や医療関係者でつくる市民団体「ハートリンク」(新潟市、浅見恵子理事長)は、小児がんを克服した人の医療保障を担う共済事業の加入条件を広げ、一般の人も加入できるようにした。加入者増で掛け金が増えれば、小児がん経験者の生活支援などを充実させられるといい、加入を呼びかけている。

 15歳以下の子どもがかかる小児がんは、現在では7~8割が治り、元患者は全国で5万~10万人(推定)に上る。しかし彼らが加入できる医療保険はほとんどない。ハートリンクは05年、会員の元患者が医療保障を受けられる「ハートリンク共済」を始めた。

 元患者対象の「本人プラン」と、その家族が入る「家族プラン」の2本立てで、加入者が病気やけがで入院した場合や死亡時に共済金が支払われる。加入者は約300人。従来、本人プランの保障を家族プランの掛け金で補ってきたが、家族プランへの加入条件を改正、家族以外の健康な会員にも広げた。

 小児がん経験者は、がん克服後も別のがんを患ったり、合併症が遅れて表れるなど、健康な人よりリスクが高い。加入者が増えることで、元患者の保障を充実させ、現在は加入できない服薬中の元患者も対象にできるという。

 長女の闘病を通してハートリンクにかかわり、私費1000万円を投じて共済制度設立に動いた林三枝事務局長は「小児がん経験者は体力不足から就職が難しいなどさまざまな社会的困難がある。掛け金を活用して元患者の働く場も増やしたい」と話す。問い合わせは事務局(025・285・8534)。【下桐実雅子】

|

« 診療報酬改定 | トップページ | 息子の入学式 »

コメント

すっごーーくご無沙汰してます。
いいですよね、この共済。
成人に対応してないのがとても残念です。

元患者さんたちの大きな悩みの一つですから。
でも、治療や通院が5年以上ないとCOOP共済に加入できるらしい。
もっと宣伝してやろうとただいまもくろみ中です。

投稿: ブース子2号 | 2010年3月 5日 (金) 23時02分

ハートリンク共済は成人にも対応していますよ。他の共済との違いは、利益を働けない小児がん経験者の職場を作るために使われるそうです。

投稿: ママ | 2010年4月24日 (土) 02時25分

>ママさん
ごめんなさい、表現が正しくなかったですね。
成人になってから発病したがん患者さん、という意味でした。
確か、ハートリンク共済は「小児がんを克服した元患者さん」が対象でしたよね。

投稿: ブース子2号 | 2010年5月 3日 (月) 21時45分

ブース子2号さん
そうでしたか、確かに18歳未満に発症した人を対象としていますが、大人になってがんにかかった方は、既に生命保険に加入されている方が殆んどなんですよ、また大人になってがんを克服した方が加入できる保険が幾つかあるんです。
しかし、小児がんを経験した人には保険がないんですよねぇ。なぜかというと、成長期の小さい頃に強い治療をするから、たとえ治っても、身体が子どもから大人に変わる頃、様々な晩期合併症が出てきますし、数十年の健康で生存したデータがないからリスクが高いんですよ。
でも普通の方も加入できる「おうえんプラン」もあるんですよ。(^0^)

投稿: ママ | 2010年7月18日 (日) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135833/47628271

この記事へのトラックバック一覧です: ハートリンク共済:

« 診療報酬改定 | トップページ | 息子の入学式 »