« 医療と教育の共通項 | トップページ | がんの子どもを守る会北海道支部 創立40周年のつどい »

2011年3月27日 (日)

大学病院を去る日

この春で大学病院を辞めることになりました。
今度はかつて所属したことのある市内のNICUへ異動です。医師になって20年目で10回目の異動(転職?)となります。けっこう多い方かもしれません。

この大学病院には本当にたくさんの思い出があります。さびしさも含めていろんな感情がありますね。

はじめて大学病院に来たのは、もう32年前!
この日のことは細かいことまで鮮明に覚えています。どんな日だったか、診察室や診てくれた先生の様子、信じられないくらいに思い出せます。

手術を受けた第一外科の病棟、通院した小児科外来、お世話になった先生たち(最後の主治医の先生はがんで若くして亡くなりました・・・)、手術から7年後に医学部の学生としてもどってきたこと。
合格の日はうれしかったなあ・・・母さんに早く知らせようと公衆電話まで一目散に走ったっけ。
卒業間際まで外科と小児科で迷って小児科に入ったこと。
大学病院の生活で一番濃い一年になった研修医時代のこと。
そのあとも新生児を専門とするための研修で、今回は教官として、ずいぶん長く大学病院と過ごしました。

大学病院には何とも表現できない複雑な感情が入り混じります。でも、この大学のキャンパスはやっぱり大好きですね。
去年から、当直明けはなるべく早く帰宅することになりました。明るいうちに帰れる日は大学の中をぶらぶら歩いて一駅向こうから電車に乗っていました。このキャンパスを離れるのはちょっとさびしい気持ち。
でも、今度の職場は大学の隣です。(笑)病院から大学病院まで歩くとかなり距離ありますが・・・。
NICUからは大学のキャンパスを眺めることができます。さびしくないですね。(笑)

大学病院を辞める一番の理由は体力的に辛くなってきた事です。
ここの仕事は地方の応援出張も含めると、病院にいる時間は月に330時間くらいになります。一ヶ月が30日だと、720時間・・・330/720時間です。
夜勤の日は寝られる日もあれば寝られない日もあります。今年に入ってからはずっと忙しくて、まとまって眠れる夜勤はまったくありませんでした。体力的にはかなり辛く、辞めることにしておいてよかったと思っています。

次の職場も正直あまり変わらないくらい忙しいのですが、それでも地方への出張がない分、休日も少し多いし多少楽かなと思います。まだまだNICUでの仕事を続けるために体を鍛えなきゃいかんなと考え中です。

|

« 医療と教育の共通項 | トップページ | がんの子どもを守る会北海道支部 創立40周年のつどい »

コメント

頑張っていらっしゃるんですね


何処からか
迷い込んで来てしまいました。

悪性リンパ腫で 25年です・・・
今年中に

還暦です

濾胞性リンパ腫が豹変し瀰慢性悪性リンパ腫に
只今、治療中sign02sign02sign02です

マダマダ始まったばかりの治療ですが、がんばります

宜しく

投稿: 因幡の牛 | 2011年4月 2日 (土) 17時15分

ときどき、こちらにおじゃまさせていただいています。
いつも読ませていただいているだけで申し訳なく思っていますが、お元気でいらっしゃいますか(^^)
22年前に、夫の転勤で赤平に3年間住んでいました。
子どもの病気で赤平から札幌の大きな病院にかかり、手稲の療育センターを紹介してもらいました。
大きな病院の名前は忘れてしまい、おぼえていませんが、もしかして同じところだったのかな~なんて・・・恥ずかしい記憶力のなさです。
子育てのなかで、たくさん学ばせてもらいました。
これからもおじゃまさせて下さい。
来年もよろしくお願いします。

投稿: ぴょいぐるみ | 2011年12月30日 (金) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135833/51232748

この記事へのトラックバック一覧です: 大学病院を去る日:

« 医療と教育の共通項 | トップページ | がんの子どもを守る会北海道支部 創立40周年のつどい »