« 2011年3月 | トップページ | 2013年4月 »

2012年11月12日 (月)

がんの子どもを守る会北海道支部 創立40周年のつどい

事前の紹介でなくて申し訳ないのですが、がんの子どもを守る会北海道支部の創立40周年のつどいに参加してきました。

昨春に大学を離れてから、少しのんびりとした生活を送っています。NICUで相変わらず月6回の当直はやっていますが、それでも地方のNICUや大学病院よりもずいぶん楽になりました。
子どもたちは二人とも中学生になって休日一緒にどこかへと言うのはあまりなくなって、飼い始めた犬と一緒に楽しく過ごしてます。
がんの子どもを守る会の行事に参加するのも、メンバーと顔を合わせるのも久しぶりでした。まりも(経験者の会)のメンバーはみんな元気で、それぞれ仕事やなんかで忙しくしているとのこと。
今回の会には聖路加病院の細谷亮太先生がいらしてました。大変に有名な先生ですから、ここでの紹介は省きますが、細谷先生の『死』についての話をじっくり聞かせてもらうことができてよかったです。
今年は大学の同級生が二人立て続けに亡くなりました。そのせいでずいぶんと『死』について改めて考えることの多い年になりました。これまでだって『死』は常に身近にあっていつも考えていたつもりでしたが、幸福に過ごすうちに少し意識から離れてしまっていたのかなと思います。自分も45歳になり、長く生きられたなあというのが実感です。年老いてきた親を見て、長生きしてくれというより自分より絶対早く死んでくれと親不幸なことを願っています。
これからの人生は特別なおまけみたいなものです。何かできることがないかなあと考えていますが、どうでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2013年4月 »